宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヤマト資源採取

shigen1.gif


シルバーウィークは三度目の直島地中美術館、先週は鈴鹿F1グランプリ観戦に行って
きました。
その間にヤマト実写版のキャストが発表されたようですね、こちらも楽しみにしています。


さてこれを期にモチベーションを高めて、今回はヤマトの資源の採取に係わる施設の作図
といきます。長期航行、戦闘を可能とするヤマトにとって修理、開発、製造に必要な資源
を航海中に外部から採取するのはとても重要なことです。
そこで航行中でも資源の生成が可能なように、砕いた隕石や戦闘時のスクラップなどを
搬入する大型エレベーターを装備し、分解工場で砕石、融解、資源の生成を行うシステム
を配置します。生成した資源は種別ごとにボトルへ保管、必要な時は運搬用アームで
直接艦内工場へ運びます。

とまあこんな感じですが、
第三艦橋をいつでも造れるくらいの資源は常に確保しておきたいところですね笑


スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。