宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

波動エンジン

engine1.gif

さて、いよいよ波動エンジンの設計に着手してまいりたいと思います。

とはいっても、イスカンダルから設計図が届くのを待つ訳にもいかないので、これまでどおり
設定資料集を頼りに「なんとなく、それらしく」作図していきます^^
エネルギー伝導管や、制御パネル、動線確保、隔壁など機能的に押さえられる所は押えて
おきましょう、、
エンジンの大きさは直径10m/全長58mとなります。この大きさは、「サターンV」ロケットの直
径と同じ、全長の半分程度となります。日本の「H-2B」で比較すると、直径は約2倍、全長は
ほぼ同じ長さとなります、、これはかなりデカいですね!

エンジンのまわりに付いているたんこぶは、また後日に設定していきたいと考えています。

スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。