宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

正面ボリューム検討

syoumen1.gif

側面のラインが見えてきたところで、同時に幅の検討もしていきます。

大和の正面をCADで作図、その上からヤマトのラインを描いてみました。
全長は伸ばしましたが、船体をスマートに見せるため、幅はなるべく抑えるようにします。
戦艦大和の全幅は約39mに対して、ヤマトは40m~42m程度が良いかな、、
船底の位置もだいぶ悩みますね。
まあ、細かい寸法は内部の検討と絡めてFIXしていきたいと思います。


艦橋の大きさもだいぶあります、艤装も含めたら目立ちそうですね、、
こうなると敵にバレないように、施工計画も練りたくなります^^




スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヤマト外観検討 | ホーム | ボリューム検討>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。