宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

煙突ミサイル検討

vls1.gif

今月は忙しいのでのんびり、、
作図しやすい煙突ミサイルの途中経過といきます。


現代風に言うと煙突VLSでしょうか、、なんだかすごい名称ですね笑
発射口は計8門あり、3発入りのキャニスターを1門につき2セット装填することが可能です。
ですから計48発の連続発射が可能ですね。
図のようだと、ロケットの点火は発射した後が良さそうですね、、

内部からの弾薬補充が可能で、レールをスライドさせて装填します。
その為、弾薬庫のレールと発射管はお互い平行になるよう可動する設計としました。


vls2.gif

煙突ミサイルにはさまざまな種類のミサイルが装填可能で、
例えば図のように星間巡航級の大型ミサイルを発射させる事もできます。
ま、何を積むかは真田さん次第ですね、、

せっかくだから参謀に古い装備だとか言われないようにしたいなあ^^;
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<作業中画面 | ホーム | ヤマト司令塔正面外観1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。