宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

戦艦大和図面

kizon1.gif

さて、ヤマトを設計するにあたって、戦艦大和の既存図面が必要です。

アップした図面は「戦艦大和図面集 ヤヌス・シコルスキー著 光人社刊」
を参考にCADで作図したものです。


サムネはだいぶ縮小されて見難くなっていますね、申し訳ないです。
画像も3000×1000ドットもあり、かなり大きくなってしまいました、、
しかし、大和を表現するにはこの大きさが最低限必要です。
いずれはスケールも入れて、PDFファイルでアップしたいところですね。


表現は主要な区画、船殻構造などに止めておきます。
この図を基に宇宙戦艦ヤマトのボリュームを検討していきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JEAN NOUVEL 1 | ホーム | アンドロメダ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。