宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

波動砲口

hadouhou1.gif


あともう少しで種子島よりH-2Bロケットが発射されます。
大変重要な任務だそうなので、成功を祈るばかりですね。


今回の設計は波動砲に移ります。あまりディテールは描き込んでいないのですが、
このクオリティで全体に亘って進めていく方針とします。

この波動砲廻りの空間はかなり大きいですね、砲口の先端の高さは9mにまで及び、
なかなか迫力があるのではないかと思います。
ただし制御室内部は艦首天板に勾配がある為、突入ボルトなどを納めるのに苦労
しました。突入ボルトは径3m、その先のセーフティロックは径4.5mとなります。


hadouhou2.gif

少し間抜けな画像になってしまいますが、本日発射されるH-2Bロケットはだいたい
ヤマトの波動砲発射設備にすっぽり納まる位の大きさです。
ヤマトを宇宙に飛ばすのは、相当なエネルギーが必要になりそうですね^^;
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<艦首ミサイル | ホーム | 宇宙戦艦ヤマト復活篇 チケット先行販売>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。