宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

艦首ミサイル

kansyum.gif


今回は艦首ミサイルの設計です。
直径1500、全長10000の巨大ミサイルとなりました、、
煙突ミサイルが全長5000でしたので、倍の長さとなりますね。
煙突ミサイル、側面ミサイルの連続発射は劇中によく登場してきましたが、
艦首ミサイルは気前よく発射するイメージはないので大型、弾数少なめとしました。

ミサイルの補充は内部から行いたいところですが、この大きさだと
空間を確保するのが難しく、外部ハッチが必要になるかもしれません。
キャニスターは発射機構が未検討なので後回しとします。


さて本日からの連休ですが、東京丸ノ内の丸善で「宇宙戦艦ヤマト完全復活展」が
開催されますね。
私は最終日に旅行から戻るので、帰りに寄ってみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヤマト資源採取 | ホーム | 波動砲口>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。