宇宙戦艦ヤマト設計室

未来の技術革新を考慮し、実際にヤマトを設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヤマト設計進捗状況

sokumen6.gif

先週で復活篇の公開も、ほぼ終了となり少し寂しい感じですね。
とはいっても今年はヤマトイヤー、モチベーションを落とさず進めたいところです^^


今回は側面図もだいぶ埋まってきたので、ここで少し全体的な視点に移してみます。
第三艦橋内部は再検討した方がよさそうですね、、あとは未作図の区画、アンテナ内部など
を埋めて断面図に移る事にします。ディテール関係は気分で追加ということで、、

スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

ヤマト設計 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<宇宙戦艦ヤマト復活篇 ディレクターズカット | ホーム | ヤマト生命維持設備>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-21 Sun 01:18 | | [ 編集 ]
どうも、うまい具合に工作班になれました。
こちらこそ宜しくお願いします。
2010-02-24 Wed 23:12 | URL | Keigo [ 編集 ]
側面図、復活篇と比べてみました。
艦底のラインとか、艦橋の高さに対する艦体の高さのバランスとか、微妙に違うんですねぇ。
復活篇は長くなった分、スマートに見えるのでしょうか…?
2010-02-27 Sat 22:54 | URL | さぬき与一 [ 編集 ]
復活篇は第一砲塔から艦首までの距離が長いので、艦橋は若干艦尾よりにドッシリ
とした構えとなっていますね、、強さのイメージが強調されている印象です。

私の図面は復活篇よりも長いのですが、戦艦大和からラインを追った結果なので
寸胴になってしまいました。スマートさを考えるとあと30mほど伸ばしたいところですね。
2010-03-05 Fri 02:16 | URL | Keigo [ 編集 ]
進んでますねぇ 楽しみですo(^^o)(o^^)oワクワク

たまたま見つけたんですが、セカンドライフ内で
戦艦ヤマトの内外を自由に散策できるようです

そこまでいけたらすごいですね^^

既出でしたらごめんなさい<(_ _)>セカンドライフやってはいないんですけど、youtubeあげておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=q8g7f2M1i6U

http://www.youtube.com/watch?v=ULXhjexdrfc&feature=fvsr



2010-03-08 Mon 10:54 | URL | めろん [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
最近は仕事の事で一杯で、なかなか更新できない状況です、、
そろそろ再開できそうかな。

youtube見ました、やはりCGは空間が把握しやすくて良いですね!
艦橋はやっぱ狭いんだなあ。
2010-03-12 Fri 01:41 | URL | Keigo [ 編集 ]
初めまして。たまたま他の画像リサーチをしていて、このブログに辿り着きました。ヤバいです。超感動です。

ボクも幸か不幸かKeigoさんと同じく建築設計の仕事をしてますが、子供の頃、こんな設計図的な絵を描いては喜んでいたのを思い出し、そこが今の始まりだったのかな、と思います。

もう暫く更新されていないようなので、終わりなのかもしれませんが、かなり残念です。

あとで時間のある時にじっくり観させて頂きます。

それにしても、CADでヤマトの断面図を描くとは。。
2011-12-17 Sat 03:16 | URL | Isamu+LA [ 編集 ]
只今波動エンジンの設計図のイメージを模索中♪(*^^*)
2013-07-14 Sun 10:10 | URL | 首藤一志 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-12-29 Mon 20:42 | | [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-07-30 Thu 01:25 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。